テレビアンテナ交換をDIYで挑戦した模様をご紹介

 

前回は楽天市場で新しい八木式アンテナの購入模様をお伝えしました。

今回は、購入したアンテナが届いた様子から実際にDIYで取替えをやってみた様子のご紹介です。

※これまでのあらすじ
①テレビが映らなくなった原因はアンテナ倒壊だった!!
②アンテナ倒壊の対処方法の独自調査結果をご紹介
③屋根上アンテナ取替えのDIY方法を独自調査
④新品の八木式アンテナ購入模様をご紹介

購入した八木式アンテナ

こちらが届いた新品の八木式アンテナです!!新品はこんな感じで箱に収められていました。

※画像クリックで拡大↑

はじめて直に目にしましたが、本当に魚の骨みたいです!!

別名フィッシュボーンと呼ばれているだけありますね。

しかし、これで地上デジタル放送の電波を受信しているとは不思議です。

まぁ、昔のアンテナ付きの携帯電話を考えれば、あんな華奢な形状で通話やインターネットができていましたからね。

それから比べれば、八木式アンテナは立派だと個人的には思えました。

八木式アンテナをDIYで組み立てた様子

さてさて、とりあえず、これを組み立てなければいけないわけですが、Google先生に聞いた方法を見様見真似で組み立ててみました。

※画像クリックで拡大↑

しかし、思いのほか重い・・・想像していたよりも結構、重量があります・・・。

屋根の上に登るのはともかく、これを持って屋根に登れるのだろうか・・・

倒壊した八木式アンテナの回収

とりあえず、先に倒れたアンテナを回収すべく、屋根に登ってみました。

支線が切れて無残にもひっくり返っていました。きっとこれも元通りに立て直せば、作業が取り換えるより簡単にテレビが復活すると思いますが、年数が経っているし、新しいアンテナを購入してしまったので、改めて取替を決意しました。

配線や支線を取り外して、なんとか回収に成功です。

ちなみに、この回収したアンテナですが、邪魔なので処分が必要なのですが、調べてみたところ、どうやら粗大ごみで処分しなければならないらしいです。

DIYでやるとこういった面倒な後処理があるのが痛いところですね・・・。

※屋根等、家の外観の写真掲載は特定防止で省略・・・悪しからず・・・

スポンサーリンク

新品の八木式アンテナをDIYで設置した様子

お次は新品のアンテナです。

まずは2階の窓から続いている屋根に登ってそこから脚立を使って屋根のてっぺんに登ろうと試みました。

組み立てた八木式アンテナを担いで2階の窓に出るものの、この段階ですでに息切れ・・・運動不足です・・・

スポンサーリンク

さて、ここから、どうやってこの重いアンテナを担いでてっぺんまで登ろうか?

脚立にアンテナを担いで登ってみるものの、不安定すぎて恐ろしい・・・。

自分が転落しなくてもアンテナを下に落としてしまいそうです。

あまり人の手は借りたくなかったのですが、仕方がないので家の人に2階窓外の屋根まで登ってもらい、そこからアンテナ本体を持ち上げてもらい、キャッチしてなんとか屋根上にアンテナを運び出すことに成功しました。

しかし、ここからてっぺんまで斜面になっている上、登りなのできついです。

屋根から滑り落ちないようにバランスを取りながら、中腰姿勢で下半身に重心をかけてゆっくり進んで、なんとか頂上までたどり着きました・・・。

アンテナを運ぶだけでいったいどれだけ時間をかけたのだろうか・・・。

DIYを決意したものの、後悔です。二度とやりたくないと思った瞬間でした・・・。

色々なサイトで調べて「屋根上の作業は危険だからおすすめできません」とはまさにこのこと。

転落しなかっただけラッキーだったのかもしれません・・・。

この段階でもはや疲労困憊だったのですが、アンテナを屋根のてっぺんに運んで満足していたらテレビは映りません。

アンテナを立てて、位置調整したり、固定したり、やることはまだまだ、たくさんあります。

支線止めリングをマストに取り付けてアンテナ本体にアンテナ線を繋いで、屋根馬に差し込んで、なんとなく、それっぽくアンテナが立ちました。

電波塔の向きに合わせないと、ちゃんと電波が受信できずテレビが映らないので、位置調整を試みるものの、電波塔がどこにあるのかイマイチ分からなかったので、周りの家に建っているアンテナの向きを参考に似たような方角に向けてみました。

最後に元々屋根上に設置してあった支線と同じ位置に新しい支線を繋げて、マストに取り付けた支線止めリングにこれも見様見真似で正しくできているかわかりませんが、取り付けて、一応、完成。一応です。

スポンサーリンク

テレビの視聴確認

「はぁ~疲れた。疲れた。やれやれ。」という感じで屋根から降りてテレビをつけてちゃんと映っているか確認。

えっ!?映らないじゃないですか!!

あんなに苦労したのに映らない!!

うーん、これはアンテナの向きに問題があるのかなぁ・・・?

Google先生に聞いたら、本来は電波測定器で電波測定をして調整するみたいですが、そんな測定器持っていないので、周りの家の方角を真似してみたのですが、やはり測定器がないとダメなのでしょうか?

はたまた、配線の接続方法に問題があるのかなぁ・・・?

ちゃんと繋いだつもりだけど、不備があるのでしょうか?

原因がさっぱり分からないです!お手上げです!!

もうギブアップです!!DIY失敗です。期待していたあなた申し訳ないです。

もう屋根に登る気力も体力もないので諦めました。

諦めたらそこで試合終了ですよ?

試合終了で構いません。完全に心が折れた瞬間です。

安西先生テレビが見たいです・・・

もう、本当に情けない話なのですが、業者さんにお願いすることにしました。

神様、仏様、業者様です。

「それなら、最初から業者に頼んでおけよ!」なんてお声が聞こえてきそうですが、何事もチャレンジすることに意味があると言い訳して

次回はアンテナ工事業者さん探しの模様をお伝えします。

乞うご期待!

▼テレビアンテナ工事のDIYに関しての関連記事▼
アンテナ工事をDIYで行う際に必要な工具をご紹介!
アンテナ工事をDIYで行うメリットとデメリットをご紹介
テレビアンテナをDIYで設置する際の注意点をご紹介
アンテナ工事のDIY!アンテナの性能とサイズ感をご紹介
テレビアンテナ工事をDIYで行う際にかかる費用をご紹介

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました