テレビアンテナの設置場所をご紹介

スポンサーリンク

当ブログではテレビアンテナのDIYによる設置方法を紹介していますが、ここではテレビアンテナの設置場所についてお伝えします。

▼関連記事▼
屋根上アンテナ取替えのDIY方法を独自調査

一言にテレビアンテナといっても種類があり、その種類によって設置に最適な場所や逆に設置不能な場所もあります。

また、テレビアンテナを設置する建物の環境によっても最適な場所は異なります。

もちろん、テレビ電波をキャッチできなければアンテナを設置してもテレビは映りません。

そのため、テレビ視聴に影響がないくらい十分な電波受信が可能な設置場所を選ぶ必要があります。

以下にいくつか設置場所の例をあげてみますので、ぜひご参考ください。

屋根の上

屋根の上への設置は最も認知度が高いのではないでしょうか?

テレビアンテナは高い位置に設置することで効果的にテレビ電波を拾えるとされています。

屋根の上への設置でよく目にするのは八木式アンテナと呼ばれる地デジ電波用のアンテナです。

魚の骨のようにも見えることからフィッシュボーンとも呼ばれていて昔からあるアンテナで、屋根に置いた屋根馬に支柱が差し込んであり、支柱の先端に八木式アンテナ本体が取り付られているのが一般的な屋根の上における設置方法です。

支柱はマストとも呼ばれ、ここに別途BS/CS放送用のパラボラアンテナが設置されているケースもあります。

屋根の上にアンテナを設置しても電波を受信できないとなると、いわゆる弱電界地域の可能性があり、より高性能なアンテナの設置やブースターの設置が必要な場合があります。

地上波がアナログ放送からデジタル放送に移行したことで、大分改善されたようですが、

アナログ放送時代は山間部などで電波が拾えず、それを補うためにケーブルテレビが登場して有線で各家庭にテレビ電波を供給するようになった歴史があります。

ただし、ケーブルテレビは月額料金がかかるのが特徴です。

もし、月額料金が高いと感じられていれば、弱電界地域でも高性能アンテナを設置することでテレビ視聴ができる可能性もあるのでNHK受信料を除いた月額費用を抑えられるメリットがあります。

外壁

最近はアンテナの形状も変わっており、八木式アンテナの他にデザインアンテナの登場により、これまで魚の骨のような形状が一変してお洒落なアンテナが主流になりつつあります。

デザインアンテナは外壁への取り付けが多く、エクステリアの演出も担っているのが特徴的です。

スポンサーリンク

また、BS/CS放送用のパラボラアンテナを組みあせたり、別個に取り付けたりすることも可能です。

ただし、アンテナ本体を取り付ける際の金具をボルトで止めるため、壁への穴あけが必須となります。

スポンサーリンク

ベランダ

アンテナの中でも特にBS/CS放送用のパラボラアンテナはベランダへの設置も多く見受けられます。

屋根や外壁に比べると足場が安定しているため、他の設置場所に比べると容易に設置できることからDIYで設置される方もいますが、角度調整がシビアなため、自信がない方は専門業者さんへの依頼をおすすめします。

また、戸建住宅はもちろん、BS/CS放送が見られない集合住宅に追加で設置される方も多い場所です。

ただし、立地場所によってはベランダで電波が拾えない場合もあるので受信電波状況のチェックは重要です。

屋根裏

屋根の上や外壁に設置物を取り付けたくないという方におすすめの設置場所が屋根裏です。

建物内にアンテナを隠して設置することから、外観からはまったくアンテナは見えなくなります。

さらに、屋根裏の設置は全く外気に晒されることがないため、雨や風の影響はもちろん太陽の紫外線もあたらないので外への設置に比べ劣化を遅らせることができ長持ちします。

ただし、アンテナを設置することができるスペースがあり、設置を行う作業スペースが確保できないと屋根裏への設置は厳しくなります。

また、設置する屋根裏に電波が届かないと設置してもテレビを見ることができません。

その条件がクリアできる環境下であれば、屋根裏への設置が可能となります。

破風板

破風板とは雨どいがついてない箇所の屋根の先端に取り付けられている板のことで、対風性能の向上を目的として取り付けられています。

この破風板もテレビアンテナの設置場所として選ばれる場合があり、地デジ用アンテナの第3世代的ポジションのユニコーンアンテナをはじめ、他の場所よりも破風板が一番電波を拾いやすいという理由から八木式アンテナやデザインアンテナ、さらにはパラボラアンテナも設置するケースがあります。

テレビアンテナの設置場所のまとめ

ここまで、テレビアンテナの設置場所をいくつかご紹介しましたが、必ずしもご希望の場所への設置が叶うというわけではないのでご承知いただければと思います。

アンテナの種類によっても設置場所が異なりますし、受信電波の状況に応じて選択する必要があります。

それぞれの場所における特性を理解してテレビアンテナの設置場所を選定しましょう。

また、いずれの場所でもテレビアンテナの設置には正しい知識や経験が必要です。

もし、未経験でDIYをお考えであれば、危険性も視野に入れていただき、少しでも不安要素があれば、プロのアンテナ工事業者利用をおすすめします。

▼私イチオシのテレビアンテナ工事業者の紹介記事▼
テレビアンテナ交換のDIYから電翔へ工事依頼の経験談

以上、テレビアンテナの設置場所についてでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました