テレビが映らなくなった原因はアンテナ倒壊だった!!

スポンサーリンク

先日の話なのですが、私の家で突然テレビが映らなくなってしまいました・・・

最初に気付いたのはリビングのテレビなのですが、

いつものようにテレビを見ようと思ってリモコンをつけてみたら突然こんな画面が・・・

えっ?アンテナの設定ってどういうこと?

アンテナなんていじってないし、

配線も抜けている様子もない・・・

とりあえず、配線を抜き差ししてみるものの改善されず・・・

まさか、「テレビの故障!?」と思って電源を切ったり入れたりを繰り返すものの・・・

やはり改善されず・・・

まぁ電源の確認だけじゃテレビの故障の判断つかないですけどね・・・。

素人じゃあ他にやりようがなく・・・

そもそも、「いつ買ったテレビだっけ?」と思い年式を確認してみました。

あれ?2017年?じゃあ、そんなに古くないじゃないですか?

あー!そういえば、3年くらい前に、

電源入れてもすぐ切れてしまうトラブルが発生したときに

修理に来てもらって基盤が壊れていて基盤が廃番でなくて

新品のテレビに交換してもらったのを思い出しました。

「それで、もう故障!?早いよ!!」って思いながら仕方ないので

他のテレビも映るかどうかチェック・・・

えっ!?こっちもダメ!?

「なにこれ!?どういうこと!?」なんて全く原因不明でパニック状態でしたが、

ここであることに気付きました。

それは・・・

前日、風が強く吹いていて屋根の上から何か倒れるような音がしたのです。

まさかとは思って外に飛び出て屋根をみたら、

なんと屋根上のアンテナが倒れているじゃないですか!!
(あまりの衝撃で写真撮り忘れ・・・)

どうやら、アンテナの支柱を支えている線が外れてしまい、

アンテナが倒れてしまったようです・・・

確かに前日はかなりの強風が吹いていましたが、

まさかアンテナが倒壊するなんて想像もしていませんでした。

さて、これはどうしたら良いのか・・・と困り果てとりあえず、

Google先生に聞いてみることにしました・・・

詳しい検索結果については次回にお話ししますが、

私の家の屋根に設置されていて倒壊してしまったアンテナは

八木式アンテナっていうらしいです。

知っていましたか?八木式アンテナって名前。

八木式っていうくらいだから八木さんが発明したからなのだろうなぁって思って

調べてみたら衝撃的でした!!

元々、八木さんと宇田さんって方が発明して連名で論文発表したのに

宇田さんが知らないうちに八木さんが単独で特許出願して

八木さんだけの名前が残って八木式になってしまったらしいです・・・

だから、正確には八木・宇田アンテナが正しいようですが、

先述の理由から八木式アンテナ(八木アンテナ)と一般的には呼ばれているみたいですね。

なんかかわいそうな話ですが、普段なんにも気にせず当たり前に見ていたテレビですが、

テレビアンテナがあってこそテレビを見ることができ、そのアンテナには歴史があることを

今回のアンテナ倒壊で気づかされました。

自分の家に備えらえているものくらいは興味をもって知っておきたいものだなぁと思えました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました