アンテナ倒壊の対処方法の独自調査結果をご紹介

スポンサーリンク

アンテナ倒壊のお話の続きです。

アンテナ倒壊の詳細についてはこちら

【テレビが映らなくなった原因はアンテナ倒壊だった!!】

ということで、家のアンテナが倒れてしまったので

どう対処していいのやら分からず、

とりあえず、困ったときのGoogole先生ということで

インターネット検索をしてみました。

検索ワードは「アンテナ倒壊 対処方法」としてみました。

かなりのヒット数ですね。

とりあえず、上から見てみることにしました。

ちなみに私はひねくれものなので、

業者さんが理由もなく「うちで任せてください!」のように謳っているところは苦手です。

そのため、具体的に「こういう方法がありますよ」

と紹介しているようなサイトを探してみました。

色々と見て回った結果、アンテナが倒壊した場合、最初に行うことは

「倒壊したアンテナの撤去」ということを理解しました。

さらに調べてみたところ、私なりの結論としては・・・

「屋根上の作業は危険だから業者に任せたほうが安心

でも、自分自身でできないことはなさそう」

に落ち着きました。

中学生のころから何度も屋根の上に登って乗っけてしまったボールをとったりしていたので、

屋根の上に上ることは苦ではありません。

高いところが好きなのはなんとかっていうのは知りません(笑)

ということで、とりあえず、屋根の上に登ってアンテナを撤去することを決意しました。

ちなみにアンテナの取り換えもDIYでできるみたいなので、

その詳細については、次回にお話しすることにして、

今回は、もう少し、アンテナ倒壊の対象方法について私なりに調べてみたことを紹介します。

アンテナが倒壊した場合の対処方法の順番は

1.倒壊したアンテナの撤去
2.新しいアンテナの設置
3.アンテナケーブルの配線
4.テレビをつけて視聴可否の確認
5.アンテナ本体の固定

とのことです。

どこのサイトも自力で行うのは危険でおすすめできないとありますが、

やるなと言われるとやりたくなってしまうので

何事もチャレンジ精神でアンテナ交換に挑戦してみたいと思います。

ちなみに、倒れたアンテナのダメージが少なく損傷が目立たなければ、

再利用可能のようですが、設置年数の考慮も必要のようだったので

アンテナの寿命についても検索してみました。

うちの倒れてしまったアンテナは八木式アンテナという種類のアンテナなので

検索ワードは「八木式アンテナ 寿命」で検索してみたところ・・・

えっ?10年!?余裕で20年超えていますけど?(笑)

寿命じゃないですか・・・どのみち替え時ですかね・・・。

ということで、アンテナの交換も含めてDIYでやってみたいと決意しました。

まずはさしあたり、アンテナ交換のDIYについて調査してみます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました