アンテナ工事をDIYで行う際に必要な工具をご紹介!

スポンサーリンク

テレビアンテナ工事をDIYで行うことを検討中で、必要な工具をお調べのあなた。

いざ、アンテナ設置をやろう思っても、実際どんな工具が必要なのか知りたいかと思われます。

そこで、ここでは、アンテナ工事をDIYで行う際に必要な工具をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼関連記事▼
テレビアンテナ交換をDIYで挑戦した模様をご紹介

アンテナ工事の作業に必要な工具

脚立・梯子

 

屋根の上や高い位置の壁面にアンテナを設置する際に目標場所へ到達するために必要となります。

踏み台などで代用もできますが、高所で不安定であるため、安定性の高い脚立や梯子の使用をおすすめします。

ビス

 

金具を固定するために必要な部材です。

レンチ

 

金具をビスやボルトで固定する際にビスやボルトを締めるために必要な工具です。

インパクトドライバー(電動ドリル)一式

 

アンテナを壁面や破風板に設置する際にビスで金具を固定する際にビス穴をあけるために必要です。

コーキング剤

ドリルで穴あけした箇所の腐食を防ぐために使用します。

使用しなくてもアンテナ設置は可能ですが、後々、外壁の腐食が進んで金具がアンテナごと剥がれ落ちる可能性があります。

スポンサーリンク

電波測定器

テレビ電波の受信レベルを測定する機械です。無くても設置はできますが、正しく測定ができ、アンテナの向きや設置場所を簡単に決めることができます。

水平器

アンテナを壁面や破風板に設置する際に金具をまっすぐ取り付けるために必要な工具です。

無くても設置はできますが、高確率でアンテナが斜めになってしまいます。

アンテナ工事の安全性確保に必要な工具

ヘルメット

無くても作業は可能ですが、高所での作業が多いため安全性の観点からヘルメット着用をおすすめします。

安全靴

最近は屋根作業専用の靴もあります。高所で不安定な作業が多いアンテナ工事には落下事故防止性能が高い耐滑性の靴をおすすめします。

間違っても滑りやすいスニーカーなどでの作業は行わないようにしましょう。

作業用手袋

アンテナ工事を素手で行うのは危険です。作業用の手袋をはめて行いましょう。

アンテナ工事をDIYで行う際に必要な工具のまとめ

いかがだったでしょうか?

アンテナ工事をDIYで行う際に必要な工具はお分かりになりましたか?

設置場所によってはここで上げた物の他に蝶ネジ、防水テープやビニールテープなどの部材やペンチなどの工具が必要な場合もあります。

全て揃えるとそれなりの金額になってしまいますね。

必ずしもアンテナ工事に必要ない工具もありますが、アンテナ工事は危険です。

アンテナ工事をDIYで行うのであれば、ここで紹介した工具はぜひご用意の上作業をおこなってください。

中にはアンテナ工事だけに必要な物もあり、場合によってご自身にとって生涯で1度しか使わない物もあるかもしれません。

もし、勿体ないと思われるのであれば、アンテナ工事専門業者へお願いしましょう。

私イチオシのテレビアンテナ工事業者はこちらから
テレビアンテナ交換のDIYから電翔へ工事依頼の経験談

以上、アンテナ工事をDIYで行う際に必要な工具についてお伝えしました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました