テレビの受信電波の測定方法をご紹介

スポンサーリンク

テレビを視聴するにはテレビアンテナを適正な場所に正確に設置する必要があります。

そのためには、テレビ電波が受信状況の把握が重要となります。

ここでは、テレビ電波の受信状況を把握する手段としてテレビ受信電波の測定方法をご紹介していますので、ご参考いただけたらと思います。

▼関連記事▼
屋根上アンテナ取替えのDIY方法を独自調査

地上デジタル放送の受信電波の測定方法

電波塔の位置の把握

地上デジタル放送の場合、テレビアンテナ設置の際は、設置場所から一番近い電波塔にアンテナ本体を向けて設置するパターンが多いですが、測定方法の目安として、まず、お近くの電波塔がある方角を把握します。

把握方法として、ご自宅や近所の家の屋根の上に八木式アンテナと呼ばれる魚の骨のような形をした地デジアンテナが立っていれば、その向きを見ればだいたいの電波塔の方角が分かります。

ここでの注意点ですが、魚の骨の頭のように見える部分がアンテナ本体の後方になるので、見かたは、魚の骨の尻尾の先端が向いている方角に電波塔があるということになります。

これでおおよその電波塔の位置が把握できるはずです。

良く分からないようであれば、一般社団法人放送サービス高速化推進協会のホームページより「住所・郵便番号」入力で確認することもできます。(下記リンククリックでアクセス)

一般社団法人放送サービス高速化推進協会

測定方法

電波レベルはアンテナが正常に設置されていれば、テレビの設定からチャンネルごとに確認することができます。

ただし、新しくアンテナを設置する場合や、劣化や倒壊で交換する場合は、レベルチェッカーと呼ばれる電波の測定器をアンテナに直接つないでチェックする方法が一番確実で早い方法です。

プロの専門業者さんはこの測定器を使って測定します。

測定器がない場合は、購入するかアンテナの向きを微調整しながらテレビで確認する方法になりますが、アンテナ設置の費用を抑えるのが一番の目的でDIYをお考えであれば、高価な測定器を購入するよりも最初から専門業者さんにお願いした方が安く済む場合もあります。

かといって微調整による測定も手間がかかるのであまりおすすめはしませんが、もしこの方法を実践するのであれば、2人以上で作業を行い、1人がアンテナの微調整を担当、もう1人がテレビで電波レベルのチェックを担当して声を掛け合いながら測定すれば時間を短縮することができます。

スポンサーリンク

いずれにせよ、アンテナの設置場所によっては足元が不安定で危険であることは十分ご理解いただければと思います。

自信がなければ無理せず、専門業者に頼りましょう。

BS/CS放送の受信電波の測定方法

衛星の方角の把握

BS/CS放送用のアンテナはお皿型をしたパラボラアンテナのことですが、電波測定にあたり、まず衛星の方角を把握し、この方角に向けてアンテナを設置する必要があります。

前項の地デジ電波の測定方法と同じように測定器があれば、すぐに正確な方角を把握することができます。

おおよその方角は午後2時の太陽の方向である、いわゆる南西となり、その方角に電波を遮る障害物がないことが条件となります。

測定器を使わない方法としては、これも前項同様、アンテナ線を繋いでテレビで確認できますが、効率は悪いです。

そこで便利なアプリが存在します。

日本アンテナが提供しているスマホ用アプリ、BSコンパスです。

アンドロイド用
iPhone用
↑お使いのスマホをお選びください。

このアプリ優れもので、お住いの地域を選択すれば、方角だけでなく次項にお伝えする迎角まで把握ことができてしまいます。

世の中、便利なものがありますね。

仰角の把握

BS/CS放送において仰角は重要でシビアです。1°でもずれたら受信レベルが0となってしまいます。

前項でご紹介したアプリを使えばおおよその仰角把握はできますが、環境によって正確な角度まで算出できない場合もあるため、微調整が必要となります。

この微調整方法もシビアで、1°ずつ確認していく必要があり、各角度で5秒待機して受信電波レベルを確認するという作業を行わなければなりません。

これも測定器があれば、簡単に確認できますが、測定器を使わない場合は、テレビでチェックする方法となってしまいます。

なかなか調整がうまくいかない場合や、煩わしい様であれば、専門業者さんへの依頼をおすすめします。

テレビの受信電波の測定方法のまとめ

ここまで、テレビの受信電波の測定方法を地デジとBS/CS放送に分けてお伝えしてきましたが、一番早い方法は測定器であるレベルチェッカーを使っての測定です。

ただ、記事内でお伝えしている通り、費用軽減を目的したDIYであれば、費用対効果が薄れてしまうので専門業者さんへの依頼をおすすめします。ぜひ、ご参考いただけたらと思います。

▼私イチオシのテレビアンテナ工事業者さんの紹介記事▼
テレビアンテナ交換のDIYから電翔へ工事依頼の経験談

以上、テレビの受信電波の測定方法でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました