テレビアンテナ工事業者への対応方法


テレビアンテナ工事を業者に依頼する場合、当然ですが、担当者とコミュニケーションをとる必要があります。

中にはそういった場面におけるコミュニケーションが苦手という方もいるかもしれません。

この記事に辿り着いたあなたも、どのように対応したら良いのかお困りであれば、ここで紹介している方法を参考にしてみてください。

▼関連記事▼
テレビアンテナ交換のDIYから電翔へ工事依頼の経験談

問い合わせはメールやフォームを利用

デジタル化が進んでいる中でコミュニケーションの取り方は様々です。

それはテレビアンナ工事の場合も同様です。工事依頼を電話や店頭で直接申し込みできるだけでなく、ホームページからの問い合わせフォームを利用することも可能です。

電話や対面での対応が苦手であれば、メールなどを駆使することで、業者に伝えるべきことが伝えやすくなる場合があります。

最初から電話や対面で問い合わせするよりもメールやフォームからワンクッション置くことで、1から全てを口頭で説明する必要がなくなります。

また、電話や対面だけでは「言った。言わない。」が発生する恐れもありますが、メールやフォームを利用することで文章として残るため仮にトラブルが発生してしまった際の証拠として活用することもできます。

そういった意味では電話や対面の対応でもメモをとるのは大事ですね。

スポンサーリンク

工事日は最低限の対応で問題なし

日本人のおもてなし精神の特性なのか、テレビアンテナ工事のような工事での訪問者に対しても必要以上のおもてなしをしなければいけないと気を遣う人も多い気がしますが、私はそこまでの対応は必要ないと思います。

私も家電量販店時代からパソコンの修理対応でお客様宅に伺うこともありますが、皆さん一様に気を遣ってくれます。

こちらが申し訳なく思うくらい(笑)

お茶やお菓子を出してくれるだけでなく、中には「お昼を食べていきな」と作ってくれたり、出前を頼んでくれたりなんてこともあります。

大変ありがたいことなのですが、仕事中ですし、次のお客様も待っている場合もあるので、正直困ります。

きっと、このように思っている業者さんも多いはずです。

このため、何かおもてなしをしなければいけないなんて気持ちは持たず気楽に待ち構えるくらいの余裕を持った方が良いですよ。

私も電翔さんにテレビアンテナ工事をしてもらった時には最後の支払い時にコーヒーを出したくらいです。

とはいえ、いくら工事をやってもらうからといって横柄な態度で接するのはおすすめしません。

相手も人間ですからね。気持ち良く工事をやってもらうためにも、多少の謙虚さを持って対応しましょう。

テレビアンテナ工事業者への対応方法のまとめ

ここまで、テレビアンテナ工事業者への対応方法をお伝えしてきました。

問い合わせ時はメールやフォームを利用することで、口頭で伝えるよりも伝わりやすくなります。

工事同日も過度なおもてなしをする必要はなく、最低限の対応で問題ありません。

ただし、問い合わせ時も工事当日にしても工事内容に関して希望があるのであれば、満足な工事をしてもらうためにも明確に担当者に伝えるようにしましょう。

以上、テレビアンテナ工事業者への対応方法でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました