テレビアンテナの配線方法をご紹介

スポンサーリンク

テレビアンテナの設置ができたら、アンテナに繋いだアンテナ線を室内に引き込んでテレビに繋げる作業が必要となります。

※アンテナの設置方法はこちらから
新しいテレビアンテナの設置方法と固定方法をご紹介

我が家の場合はアンテナが倒壊したため、アンテナ線は交換せずそのまま使っていますが、アンテナ線の交換や新設の場合は、必ず必要となる作業となっています。

ここでは具体的なテレビアンテナの配線方法を紹介していますので、ぜひご参考ください。

必要機材

家にテレビが1台で地上デジタル放送のみ視聴かつ受信電波が強力であれば、設置したアンテナ本体からアンテナ線を室内に引き込んで壁のアンテナ端子に繋ぐことでテレビが見られるようになります。

しかし、家の何に複数のテレビがあり、地上デジタル放送のみならず、BS/CS放送も視聴するといった場合は分配器、分波器、対応したケーブルの用意および設置が必要となります。

よく分配器と分波器を間違えられる方が多いですが、分配器は一つのアンテナから複数台のテレビで見るために電波を分配させる機械です。

分波器は地デジ電波やBS/CS放送など異なった電波を分波させるための機械です。

読み方は似ていますが、まったく別物なので注意してください。

また、受信電波が弱く不安定の場合など、電波を増幅させるためのブースターが必要となり、ブースター本体につなげるブースター電源も別途必要となります。

アンテナ線の屋外から屋内への引き込み方法

アンテナ線を屋外から屋内に引き込むためにはアンテナ線が通る道が必要となるわけですが、アンテナ線を通す道は4つあげることができます。

アンテナ引込口

一軒屋の場合、一般的には3つ以上の引込口が取り付けられています。

内訳は通常、電気用の引込口に加えて電話線、ケーブルテレビ、インターネット回線用の引込口、そしてテレビアンテナ線用の引込口の3つとなっています。

この引込口が家の外壁にあれば、ここへアンテナ線を通して屋内へ引き込むことが可能です。

エアコンダクトまたは通気口

アンテナ線の引込口がない場合は、エアコンダクトや通気口からテレビアンテナ線を屋内に引き込む方法があります。

スポンサーリンク

ただしアンテナ線専用の引込口ではないため、パテで塞ぐなどの加工が必要となる場合があります。

窓サッシ

現代において、アンテナ引込口やエアコンダクト、通気口がない家はなかなか見受けられませんが、昔の家や賃貸住宅の場合は、窓サッシにフラットタイプの厚みのないアンテナ線を通すことで室内への引込が可能となるそうです。

窓サッシ用に特化しているタイプなので窓や網戸の開閉の妨げないような造りになっています。

壁に穴を開ける

これは最終手段ですね。

相当イレギュラーなケースですが、テレビまでの距離の関係上、専用引込口など利用できない場合などは別途家の壁にテレビアンテナ線専用の穴を開けて室内に引き込む方法です。

素人ではかなり難しい方法ですね。

必要機材の設置

ブースター、分配器、分波器などがテレビ視聴に必要になる場合、各機材を家の中に設置する必要があります。

設置場所としては、屋根裏天井や浴室天井などが一般的ですが、最近ではマルチメディアボックスという専用の設置場所もあり、その家によって様々です。

複数の機材が必要な場合は便宜上1か所にまとめて設置するのがベストとされています。

テレビアンテナ端子への接続

アンテナ線の屋内への引き込みや必要機材の設置が完了したら、室内の壁に設置されているテレビアンテナ端子にアンテナを接続する必要があります。

壁のテレビ端子のカバーを取り外して、金具を取り外して壁の中へ通したアンテナケーブルをテレビ端子接続します。

接続したら取り外した金具とカバーを再度取り付けたら完了です。

問題がなければ、この端子にテレビ用のアンテナ線を繋げてテレビに繋げれば、テレビ視聴が可能となります。

テレビアンテナの配線方法のまとめ

テレビアンテナの配線方法としては

必要機材を用意する

アンテナ線を屋内へ引き込む

必要機材の設置

アンテナ端子への接続

となっていることを紹介しましたが、私個人的には素人ながらなかなか難しい内容に感じました。

アンテナ本体の設置はDIYでやってみたものの、アンテナの配線はさらに難易度が高そうです。

そのため、もしテレビアンテナの配線が必要な場合はご自身で行わず業者へ依頼していただくことを強くおすすめします。

▼私イチオシの業者のご紹介▼
テレビアンテナ交換のDIYから電翔へ工事依頼の経験談

ぜひ、ご参考になればと思います。

以上、テレビアンテナの配線方法についてでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました