ユニコーンアンテナのご紹介!メリットやデメリットは?

スポンサーリンク

この記事に辿り着いたということは、ユニコーンアンテナについてお調べだったからではないでしょうか?

もし、ユニコーンアンテナについて気になることがあれば、ここでは、ユニコーンアンテナがどういったアンテナなのかメリットとデメリットをお伝えして紹介していますので参考にしてみてください。

▼関連記事▼
新品の八木式アンテナ購入模様をご紹介

ユニコーンアンテナとは

地上デジタル放送用のテレビアンテナの第3世代として開発されたのがユニコーンアンテナです。

 

アンテナ製造メーカのマスプロ電工が2017年に開発して販売が開始されたとのことです。

スポンサーリンク

開発の背景としては、現在主流になりつつあるデザインアンテナだと環境によって性能が発揮できない場合もあるためです。

このため、見た目を重視しつつ、地デジ電波の受信環境が良いとされる屋根の上に配置できるアンテナとして考案されて開発が進められたとのことです。

形状がボール型であることから「ポール型アンテナ」とも呼ばれます。

ポール型であるため、360度どこから見ても同じように見えるのが大きな特徴です。

ちなみにユニコーン=UNICORNはマスプロ電工の商標ですね。

ユニコーンの由来は設置したときの見た目がユニコーンの角のように見えることからのようです。

ユニコーンアンテナのメリット

つづいてユニコーンアンテナのメリットについてご紹介します。

まず、住宅密集地や周辺に電波を遮るような障害物がある環境下でも設置が可能であることがメリットしてあげられます。

先述したとおり、見た目重視で受信性能十分発揮できる構造であるため、「見映え重視でデザインアンテナを導入しようとしても受信環境が悪くて設置が叶わなかった。電波的にも屋根上設置が必須とわかったが、八木式アンテナだと見栄えがあまりよくなくて抵抗がある」とお考えの方には理想的なアンテナではないでしょうか?

また、ポール型の形状はアンテナにあたる風を受け流しやすい構造になっているため、風の煽りを受けにくく強風に強い特性もメリットのひとつとしてあげられます。

さらに屋根の上にソーラーパネルが配備されている場合でも細長い形状のため、太陽光を遮る心配も少ないのがポイントで発電に影響が出ないように考慮され設計されているようです。

以上を踏まると私的にはユニコーンアンテナは八木式アンテナとデザインアンテナの良いところ取り入れて作られたアンテナであると感じました。

ユニコーンアンテナのデメリット

物事、良いこともあれば悪いこともあるのが世の常です。

一見、現代において良いこと尽くしに思えるユニコーンアンテナですが・・・

どんなデメリットがあるのかご紹介します。

まず、言えるのはどんな環境下でも設置可能ではないことがデメリットしてあげられます。

これは、八木式アンテナであろうと、デザインアンテナであろうと、言えることですが、電波が拾えなければ設置は不能です。電波が届きにくい弱電界地域では設置が叶わないこともあります。

また、費用面を考えると八木式アンテナやデザインアンテナから比べると若干高い面も価格重視の方にはデメリットになりそうです。

しかし、見た目が良くて受信性能が向上したことを考えれば、悪くない投資だと私は考えます。
一見テレビアンテナとは分からず、お洒落なのでこれからテレビアンテナ導入を考えている方は選択肢のひとつとしていかがでしょうか?

ただし、好みにもよりますが、シンプル&スタイリッシュなので、純和風の重厚感ある家屋は雰囲気がマッチしにくい場合もあります。

ユニコーンアンテナのご紹介のまとめ

いかがだったでしょうか?

ユニコーンアンテナがどんなアンテナかイメージいただけたでしょうか?

見た目や電波受信性能を考慮してアンテナ界の第3世代のポジション的な存在のユニコーンアンテナですが、私的にはデメリットよりもメリットが遥かに大きいアンテナだと感じました。

今日現在では、認知度がまだまだなアンテナであるイメージなので、ユニコーンアンテナ導入は流行の最先端を走っているような気分を味わえるのではないでしょうか?

新しい物好きの方はぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事があなたにとって有意義なものになれば幸いです。

以上、ユニコーンアンテナのご紹介でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました