デザインアンテナのDIYによる設置方法をご紹介

スポンサーリンク

地デジ用のテレビアンテナといえば、屋根の上に立っている魚の骨のように見える八木式アンテナと呼ばれるものが当たり前でしたが、最近では見た目がお洒落なデザインアンテナの登場により新築の住宅で多く採用されています。

以前、当ブログトラブル解決情報局では八木式アンテナのDIYについて私の実体験も踏まえてお伝えしてきましたが、今回はデザインアンテナのDIY方法を調べてみたのでご紹介します。

必要機材

デザインアンテナ本体
取付金具
ボルト
脚立または梯子
アンテナ線
工具

デザインアンテナのDIY設置方法

設置場所の選定

デザインアンテナの場合、設置場所は重要です。

「ここだ!」と決めてもその場所で地デジの電波が拾えなかったら設置の意味がありません。

デザインアンテナは外壁に設置することが多く、設置には金具を壁面に取り付ける必要があります。

そして金具はボルトで固定するわけですが、壁に穴を開ける必要があります。

もし穴を開けた場所で電波が拾えず他の場所に設置となったら、家が穴だらけになります。

「それでも構わないなんて人」はおそらくいないと思いますが、そういった意味でも設置場所は慎重に選定する必要があります。

できれば、電波測定器があった方が確実ですが、1度しか使わない測定器を購入するくらいであれば、全て業者さんにお任せした方がいいと思います。

費用を抑える目的でDIYをお考えであれば、決して安くない測定器をそろえるだけで目的から逸れてしまいます。

脚立または梯子に登る

デザインアンテナの場合、先述のとおり外壁に設置する場合が多いです。

そしてアンテナは高い位置に設置しないとなかなか電波を拾えないため、2階建ての場合はほとんど2階部分の外壁に設置が必要となります。

2階ということはそれなりの高さになるため、脚立や梯子が必要となり、足場がなければそのまま脚立や梯子上で作業をすることになります。

もし、高所恐怖症や高い場所での作業経験が少ないということであれば、DIYはおすすめしません。

大けがする前に専門のテレビアンテナ工事業者さんに依頼しましょう!

壁に穴をあける

デザインアンテナを外壁に設置する場合は先述のとおり壁に穴を開ける必要があります。

この作業がひとつ難関ポイントといえそうですね。穴あけにはドリルなどの工具を使いますが、専門業者さんや大工さんならともかく日常的にドリルを使う人なんて滅多にいませんからね。

足場の悪い高所で最初からうまく穴をあけられるでしょうか?

スポンサーリンク

私には無理です。練習が必要です。

自転車を補助輪なしで乗れるようになるにも何度か練習が必要ですよね。それと同じかと思います。

やはりここでも自信がなければ、専門業者さんへの依頼をおすすめします。

取付金具の設置

取付金具をボルトを使用して壁に固定させます。

ボルトは前項であけた穴に通します。

アンテナ本体が落下しないようにしっかり固定することが重要です。

水平器を使うとアンテナをまっすぐに設置ができます。

ちなみに壁面に設置する場合に必要な金具はデザインアンテナ本体とセットで入っていることが多いですが、確実ではないため、ご自身で購入される際は念のため、付属品の確認をおすすめします。

アンテナ本体の取り付け

壁に設置した取付金具にアンテナ本体を差し込んで取り付けます。

一般的にデザインアンテナは本体裏側に差込口があり、その差込口に金具を通すイメージです。

アンテナ線の接続

アンテナ本体の取り付けが完了したらテレビ視聴のためにアンテナ線を接続します。

デザインアンテナのアンテナ線の接続口は本体の下側に配置されている物が多いです。

アンテナの向き調整

アンテナ線の接続が完了したら、設置した場所で最も地デジ電波を強く受信できる方角へアンテナ本体を向けます。

以上がデザインアンテナの設置手順です。

アンテナ線を屋内に引き込む必要がある場合はこちらをご参考ください。
テレビアンテナの配線方法をご紹介

デザインアンテナのDIYによる設置方法のまとめ

ここまで、デザインアンテナのDIY方法をご紹介いたしましたが、私個人の感想としては、八木式アンテナの屋根上設置よりも簡単そうなイメージです。

※八木式アンテナの交換についてはこちらをご参考ください
新品の八木式アンテナ購入模様をご紹介
テレビアンテナ交換をDIYで挑戦した模様をご紹介

しかし、八木式アンテナよりも簡単そうといっても未経験者にはかなり難関な世界です。

技術を要する分野においては、その道のプロが存在します。

DIYでやってみたいというお気持ちはお察ししますが、私自身苦い思いをしているので
DIYをあまりおすすめしません。

「それはお前が不器用だからだろう?」と言われてしまえばそれまでですが、仮にご自身でDIYにチャレンジして壁への穴あけに失敗したり、梯子や脚立から落下して大けがしたりしても当方では責任がとれません。

そういった意味でも私は専門業者への依頼を強くおすすめします。

※私イチオシのテレビアンテナ工事業者はこちらをご参考ください。
テレビアンテナ交換のDIYから電翔へ工事依頼の経験談

ぜひ、ご参考になれば幸いです。

以上、デザインアンテナのDIYによる設置方法をご紹介でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました