ハウスメーカーへのアンテナ工事依頼は安心?メリットとデメリットをご紹介

スポンサーリンク

新築で家を建てる計画がある若しくは現在、建設中でテレビアンテナ工事もハウスメーカーへ依頼を考えているあなた。

この記事に辿り着いたということはハウスメーカーへ安心してテレビアンテナ工事を依頼できるか心配だったからではないでしょうか?

もし、少しでも不安があるようであれば、ここではハウスメーカーへのアンテナ工事の現状をメリットとデメリットを交えて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼関連記事▼
アンテナ交換工事業者のインターネット検索結果をご紹介

ハウスメーカーにおけるテレビアンテナ工事の現状

ハウスメーカーへのテレビアンテナ工事の依頼の多くは家を新築で建てるタイミングではないでしょうか?

実際に工事を行うのはハウスメーカーではなく、下請けの電気工事業者かテレビアンテナ工事専門業者を紹介されるパターンが多いです。

そもそも家自体もハウスメーカーだけでなく、電気工事業者、水道工事業者、表具業者など様々な業者が携わっているのが現状です。

このため、テレビアンテナ工事に関してもハウスメーカーが別の業者に依頼して依頼を受けた業者が実際に工事を行うシステムになっているのです。

ハウスメーカーにおけるテレビアンテナ工事依頼のメリット

まず、一番大きなメリットとしては、住宅ローンを組んで家を建てる場合にローンの中にテレビアンテナ工事費を

一緒に組み込んでもらえる場合があることではないでしょうか?

家を建てるとなると大きな出費となるため、極力他の出費を抑えたいものですよね。

そんな時にテレビアンテナ工事費も一緒にローンに組み込んでもらえれば、少しは支払いが楽になるのではないでしょうか?

また、注文住宅でテレビアンテナ設置の予定がある場合は、建築段階で設置したいアンテナの種類や設置して欲しい場所の相談を気軽に行えることもメリットしてあげられます。

スポンサーリンク

さらに、ハウスメーカーの場合、テレビアンテナ工事は外注がほとんどですが、ご自身でアンテナ工事依頼をする必要はなく、ハウスメーカーが工事依頼をかけてくれるので、窓口が増えずに済むことも手間が省けてメリットといえます。

ハウスメーカーにおけるテレビアンテナ工事依頼のデメリット

デメリットしては、ハウスメーカーが依頼する業者がどんなところか見えにくいということがあげられます。

ハウスメーカー自体は信頼できても、依頼先の業者があまり信頼できないような可能性もあります。

私自信の経験としては、大手ハウスメーカーに依頼したもののテレビアンテナ工事を行ってくれたのは、地元の電気工事業者さんで、かなりの年配の方が屋根に登って設置してくれました。

しかし、ヘルメットも被らず足元がフラフラで見ているこっちがハラハラドキドキするような怖さを感じました。

一応、テレビは問題なく映りましたが、正直「本当に大丈夫?」と思ってしまいました。

これは稀なケースでしょうが、このようにどこに依頼するのか分からないので、一度ハウスメーカーに依頼してしまうと業者の変更が利き難いことがデメリットとしてあげられそうです。

他にもアンテナ工事の経験値が低い電気工事業者が来て、アンテナ設置後にトラブル多発で余計な出費が発生したという事例もあるようです。

我が家の場合、アンテナ工事は先述のとおりですが、水道業者が外の配管に古い配管を取り付けてしまったのか水漏れのトラブルが発生しました。

もちろん、他業者に修理を依頼したため余分な出費発生です。

こういったことから、心配であれば、家の建築を依頼したハウスメーカーにアンテナ工事の依頼先を事前に確認した方が良さそうです。

ハウスメーカーへのアンテナ工事依頼は安心?メリットとデメリットをご紹介のまとめ

いかがだったでしょうか?

ハウスメーカーへのアンテナ工事依頼は手間が省けたり、費用を住宅ローンへ組み込める可能性があったりとメリットがあるものの、どこの業者へ依頼するか不明確といったデメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

もし、少しでも不安があるのであれば、多少の手間にはなりますが、ハウスメーカーへの依頼ではなく、テレビアンテナ工事専門業者への依頼をおすすめします。

私個人のおすすめの業者についてはこちらをご覧ください。
テレビアンテナ交換のDIYから電翔へ工事依頼の経験談

以上、ハウスメーカーへのアンテナ工事依頼は安心?メリットとデメリットをご紹介でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました