足の臭い対策はどんな方法がいいの?実際に行った方法と効果を紹介

あなたは足の臭いにお悩みではありませんか?

実は恥ずかしながら私も足の臭いに悩まされていたひとりです。

仕事がら革靴で立ち仕事のためか仕事が終わって帰ると自分でも分かるくらい強烈な臭いに悩まされました。

しかし、ある方法を使ったら、なんと全くと言っていいほど臭わなくなったので、ここでは私が実際に試して効果が得られた方法を紹介します。

ここにたどり着いたあなたも足の臭いにお悩みではありませんか?

もし、お悩みであれば、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

足の臭い対策について

気になる足の臭いをなんとか抑えようとあれこれ探したりしていませんか?

私も先述どおり、足が臭かった人間で、特に30歳を超えたあたりから臭いがひどくなりました。

そんな中で、いろいろ考えていたところ、洗濯用の重曹をお湯に溶かして、そこに足を漬けておくと匂いが消えるという方法をたまたま見つけたのです。

え?たったそれだけ?と思いましたが、それなら簡単で自分でもできそうだと思い実際に試してみました。

次項以降に具体的な方法と効果を紹介します。

ポイント

洗濯用の重曹を使う

実際に行った足の臭い対策の方法

まず、100均などで売っている洗濯用の重曹を用意します。

こちらが私が実際に購入して使っている重曹です。100均で購入しました。
足の臭い対策はどんな方法がいいの?実際に行った方法と効果を紹介
そして、これを洗面器など両足が浸かる大きさの容器に適量入れます。
足の臭い対策はどんな方法がいいの?実際に行った方法と効果を紹介
だいたい私は画像くらいの量を使っています。概ね大さじ1杯程度です。
足の臭い対策はどんな方法がいいの?実際に行った方法と効果を紹介
次にこれに普段、入浴するときと同じくらいの温度のお湯を足が浸かる程度入れます。
足の臭い対策はどんな方法がいいの?実際に行った方法と効果を紹介
あとはここに足を入れるだけです。足湯みたいなものですね。

これにだいたい10分~15分くらいを目安に浸かっています。

私の場合お湯の温度は10分~15分浸かっていると冷めてしまうのと熱いお湯の風呂が好きなのでやや高めの温度設定してあります。

また、冬場だとすぐに冷めてしまうため、最初は熱いですがすぐ慣れるので50℃くらいがちょうどいいです。

ただし、あくまで私の場合なので、やけどしない程度にお試しください。

10分~15分浸かっている間の時間つぶしとしては、私はだいたい、朝の出勤前に行っているので、重曹風呂に足を浸かりながら、髭剃りと歯磨きを済ましています。

さらに時間が余れば、足が足湯から離れない様に腹筋運動を20~30回程度やっています。

これですぐに10分~15分経ってしまいます。

器用な方であれば、入浴時に髪や身体を洗いながらでも時間つぶしになります。

ただし、私も最初やってみたのですが、なかなかうまくいかないので断念しました。相当器用じゃないと難しいかと思います。

どうしても時間つぶせないというのであれば、スマホのゲームでもやっていればすぐに終わります(笑)

スマホがなければ読書もおすすめです。

ポイント

重曹をお湯で溶いて足を浸ける

スポンサーリンク

実際に行った足の臭い対策の効果

それでは、最後にこの対策に効果がどれくらいあったのかお伝えします。

即効性はなく、1日や2日ではすぐに臭いは収まりませんでした。

1週間くらいでやや臭いが軽減されてきたかな?って感じでしたが靴下は相変わらずの強烈な臭いを放ってしました。

2週間くらいで靴下の臭いも軽減されてきました。

3週間くらいで足も靴下も気にならなくなる程度、ただ鼻を近づけるとうっすらと臭いが残っていました。

4週間くらいで完全に臭いがなくなりました。

このことから、私の場合1か月程度で足の臭いが収まったことになります。

これくらい続けるとすでに習慣化されているので、苦にもならず、はじめてから3か月以上経ちますが予防のため続けています。

本当に手ごろで誰でも簡単にできる方法で、尚且つ効果絶大だったのでおすすめです。

ポイント

1か月程度で効果が得られた(私の場合)

まとめ

いかがだったでしょうか?

足の臭いって本当に気になりますよね?

仕事終わりに飲み会なんてあって会場が座敷だったりすると周りの人にも迷惑かかりますし、換えの靴下まで用意しなければならないと何かと気を遣ってしまいますよね。

私もこれが苦痛でしたが、今回紹介させていただいた方法で改善できたので、ぜひともおすすめしたい方法です。

ただし、個人差はあるかと思いますので、人に合う合わないもあり100%効果が保障できないという部分はご理解ください。

早くあなたも足の臭いの悩みが解消されることを祈ってます。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP