会社の飲み会に行きたくない場合の対処方法とは?上手い断り方と断りメールの仕方を紹介

会社の飲み会に行きたくない場合の対処方法とは?

人付き合いが苦手だという場合、会社で仕事以外のお付き合いは極力避けたいものですね。

しかし、何かと集まりを好む人間が会社にいる場合、頻繁に飲み会を行っている所もあるかと思います。

「会社の人との飲み会はあんまり」・・・と考えているあなた。

行きたくない場合の対処方法をお探しではありませんか?もし、お探しであれば、ここでは会社の飲み会に行きたくない場合の対処方法や上手い断り方と断りメールの仕方を紹介しているので、ぜひ参考の上、会社の飲み会を回避してみてください。

スポンサーリンク

会社の飲み会に行きたくない場合の対処方法とは?

1日の多くを過ごす場所でもある会社。

人付き合いが苦手でも、会社の人間とは否が応でも接する時間が1日の多くを占めます。

できれば、円滑な人間関係を形成しておきたいところではないでしょうか?

しかし、頻繁に飲み会が行われていると、仕事以外に会社の人たちと一緒にいなければならない、そもそも飲み会自体が苦手なのにさらに苦手な人たちとお酒を酌み交わさなければならないという苦痛などから、できれば会社の飲み会に行きたくないと考える方も一定数いるのが現実です。

なにもあなただけが会社の飲み会に行きたくないと考えているわけではなく世の中には同じ気持ちや考えをもっている方が大勢い存在するのでご心配なく。

ところがお酒が好きで飲み会大歓迎の人は基本的に「こんなおいしいものを飲まないなんて人生を損している」とか「飲み会に参加しないなんて人付き合いが悪い奴だな」と思っていることが多く、あなたのような行きたくない方の気持ちを理解していない人が大多数です。

かといって、そんなに飲みもしないのに参加して、酔っ払いの付き合いをするのもつらいですよね。そういった辛い気持ちが積み重なって、今現在、会社の飲み会に行きたくないという気持ちに至っているのだと思います。

そこまできているのであれば、行く必要はありません。お断りをして行かなければいいんです。

嫌々参加しても場の雰囲気を悪くしてあなたの会社での評価を下げかねる恐れもありますからね。

会社の飲み会に強制力があるわけじゃないので、本当に行きたくないのであれば断って、不参加を表明しましょう。

断ればいいと言われても、どうやって断ればいいのかお困りであれば、次項に会社の飲み会の上手い断り方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント

行きたくない場合は断るに限る

スポンサーリンク

会社の飲み会の上手い断り方

では、どうやって断ればいいのか、ここでは会社の飲み会の上手い断り方について紹介します。

断り方の基本は、幹事に欠席の旨を伝えればいいだけですが、中にはなんとか参加してもらおうと、欠席の理由を聞いてくる幹事もいますね。

本来は理由を伝える必要はないのですが、そういうわけにも行かない場面がどうしてもあるのも悲しいことに社会ですね。

こういうのがあるから、ますます飲み会に行きたくない気持ちが生まれてしまうんですけどね。

そこで飲み会を断る理由が必要になるわけですが、会社の飲み会に行きたくない理由としては「飲み会(お酒)が嫌い」、「会社の人が苦手」、「だるい」、「面倒」などがほとんどかと思いますが、これを馬鹿正直に断る理由にして断ってしまうと、幹事を怒らせることになり、あなたの会社での立場が危うくなる恐れがあるので注意しましょう。

まぁ、そんな本音で断る度胸があれば、ここにはたどり着いていないと思いますけどね(笑)

子供の頃、嘘をついたらダメだと大人から教えてもらったことが一度はあるかと思いますが、大人になったら嘘ばかりですね(笑)

そこで、そんな「嘘」を飲み会に断る手段として使っちゃいましょう。

幹事の中には、本当は幹事なんかやりたくないけど致し方なく幹事を引き受けている人もいます。

場所を決めたり、日時を調整したり、参加者を集めたりと苦労は多いです。

そんな幹事を相手に「だるくて面倒なので行きたくないです。欠席しまーす。」なんて言って断ったら失礼ですね。

逆にあなたが何か人に頼み事があってお願いをしたら「だるくて面倒だから断ります。」なんて言われて断られたらどう思いますか?

きっと腹立たしく頭にくるはずです。それと同じことになってしまうので、頑張って飲み会を計画している幹事に失礼にならないように配慮した上で断る必要があります。

そこで使うのが先述したとおり「嘘」です。嘘といってもそれらしい理由を作ればいいだけです。

「先約がある」とか「別の用事で都合が悪い」といった理由で十分です。実際に先約や用事がなくてもいいんです。まぁ会社の飲み会の通知が来てから用事を作って先約にしてしまっても大丈夫ですが、ばれない様にしてください。

嘘がばれたらばれたでそれは幹事の逆鱗にふれたり参加者たちの間であなたに嘘つきのレッテルが貼られる可能性大なので気をつけましょう。

3回くらい立て続けに断っていると空気の読める幹事であれば、「行きたくないんだな」と察してくれて4度目くらいから誘いがなくなる場合もあります。

私も飲み会の幹事をよくやりますが、基本、3回続けて断られたら4回目からは誘いません。お互い気を遣うだけですからね。

もし、なかなか断ることができず、当日を迎えてしまったら、最終手段として「仮病」ですね。

ただし、あまり重病に設定せず、「熱っぽい」とか「風邪っぽい」程度の軽めの症状にしておきましょう。

重病に設定したのに次ぎの日、平然と会社にやってきたら仮病がばれますからね(笑)

ポイント

事前に断わる場合は先約や別の用事などの理由を用意して断る

当日断る場合は軽めの仮病を使って断る

会社の飲み会の断りメールの仕方

最後に直接、口頭で断ることに気が引けるという場合の断りメールの仕方について紹介します。

できれば、断るのであれば幹事に直接、口頭で伝えるのが理想ですが、嘘がバレたら元もこうもないですし、あれこれつつかれて、ぼろが出るなんてこともあり得ますね。

嘘がつくのが下手だという方は、メールやLINEなどで飲み会を断るのも上手く断る手段の一つです。

メールの仕方は簡単で前項の内容をメールの文面にして幹事に送るだけです。幹事のメールアドレスやLINE IDを知らなければ、電話番号を教えてもらえればショートメールで済みます。

幹事であれば、たいてい電話番号くらい参加候補者に伝えるはずなので、控えておきましょう。

なお、メールやLINEですと参加者全員に一斉送信も可能ですが、断る場合は幹事一人で十分です。むしろ全員に送ることで、「なんで参加しないんだ」と集団で攻められる恐れがあるので、幹事一人に送ることをおすすめします。

文章は「今回、お誘いいただいた飲み会の件ですが、あいにく先約が入ってしまっているため今回は見合わせていただきます。申し訳ありません」程度で十分です。

当日、仮病を使う場合は「急で申し訳ありませんが、体調が優れないため本日の飲み会は欠席させていただきます。」程度で問題ありません。

ただし、当日の場合、キャンセル料が発生してしまう場合もあるので、その場合はキャンセル料を幹事に確認した上で支払うようにしましょう。

飲み会に行きたくないとはいえ、当日まで断れなかったあなたの責任はありますので、そこはきっちりしておきましょう。

また、長文でだらだら言い訳がましくなると、面倒な奴だと思われる可能性があるので、できるだけ簡潔に纏めることをおすすめします。

ポイント

簡単な断りの文章を作成して送信する。難しい言い回しは不要。

会社の飲み会に行きたくない場合の対処方法とは?のまとめ

いかがだったでしょうか?

会社の飲み会に行きたくない場合の対処方法は見つかりましたか?

上手く断れそうですか?メールを送る場合の文章は大丈夫ですか?

行きたくなければ、断りの意思を表明して、それらしい理由を作って断るだけです。

口頭で伝えにくければ、簡潔なメールを作成して送信してください。

これで行きたくない会社の飲み会を上手く断れるはずです。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

新年会の幹事の進め方とは?挨拶と締め方を紹介
職場の飲み会の二次会の断り方とは?途中で帰る方法と支払い方法を紹介
新年会の幹事のやり方とは?店選びの方法と会費の集め方を紹介
会社の飲み会の幹事を任された時の店選びの方法とは?予約方法や予算の決め方を紹介
忘年会の幹事の進行方法とは?挨拶においての乾杯のやり方と締めの方法を紹介
忘年会の幹事のやり方とは?お店選びの方法や会費の集め方を紹介
忘年会の二次会の断り方とは?途中で抜け出す方法と帰る場合の支払い方法を紹介
会社の忘年会に行きたくない場合の対処方法とは?上手い断り方と断りメールの仕方を紹介
新年会の幹事の店の予約方法とは?当日の席順の決め方や仕切り方を紹介
職場の新年会に行きたくない場合の対処方法とは?断り方と断りメールの送り方を紹介
会社の飲み会の幹事のやり方とは?店選びの方法と会費の集め方を紹介

Menu

HOME

TOP