会社の飲み会の幹事を任された時の店選びの方法とは?予約方法や予算の決め方を紹介

会社の飲み会の幹事を任された時の店選びの方法とは?
あなたは飲み会の幹事を務めたことがありますか?

もし、会社の飲み会で幹事を任されてしまった時にどうやって店を選んだらいいのかも悩みの種かと思います。

店の予約方法や飲み会の予算はどれくらいにしたらいいのかも悩みどころですね。

そこでここでは、あなたが会社の飲み会の幹事を任された場合の店選びの方法や予約方法、そして予算の決め方を紹介しますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

会社の飲み会の幹事を任された時の店選びの方法とは?

プライベートで気の合う仲間と行く飲み会なら店選びにも気を遣わず済みますが、会社の飲み会となるとなかなかそういうわけにも行かないかと思います。

そこで、ここでは会社の飲み会の幹事を任された時の店選びの方法について紹介します。

まず、ポイントとなるのは飲み会の参加人数ですね。参加人数によって選ぶ店の規模も異なってきます。人数が多ければ多いほど規模が大きな店を選ぶ必要があります。

あなたが過去に会社の飲み会に参加したことがあって、今回の飲み会も同じくらいの人数であれば過去に開催された店、同じ店に面白味が無いようであれば、同等の規模の店を選ぶといいですよ。

また、参加者に希望を聞いて、希望が一番多い店にするのもありです。この場合、事前に幹事のあなたが何件かピックアップしておくと希望を出してもらいやすくなります。

何件かピックアップする場合は、似た系統よりも違いがあった方が選びやすく、具体的には肉系か魚介系かをベースにピックアップすると選びやすいです。このとき、参加者が食べれないもの嫌いなものをリサーチしておくのも重要なポイントですよ。

もし、肉が食べれない、嫌いという参加者が居る場合に焼肉をチョイスするのは可愛そうですね。こういったところの配慮もできるのが立派な幹事なので押さえておきましょう。

食べ物だけでなく、飲み物にも気を配れるのが幹事の力量でもあるので、お酒が飲めない、飲まないという参加者が居る場合は、ソフトドリンクのメニューが豊富な店を選ぶと喜ばれますのでおすすめです。

逆にお酒をたくさん飲む、種類が豊富にあった方がいいという参加者がいる場合は、お酒の種類が抱負な店を選んでみましょう。

それでも、なかなか店選びに苦戦するようであれば、もし、あなたがよく飲みに行く馴染みの店がある場合、その店を自信をもって会社の人たちにもおすすめできるようなら、そこを選ぶのもありですし、そういった店がないのであれば、地域情報誌、フリーペーパー、インターネットを駆使して選ぶのも方法としてあります。

いずれにしても、参加者がストレスを感じず楽しめるような店を選ぶのがベストですね。

実際店に入ってみないと店の雰囲気まで分からないですが、心配であれば事前に下見をしておくのもありですね。

私の経験談ですと、冬場の飲み会で用意してもらった部屋が隙間風が激しい上に暖房が効きにくくて、参加者みんなが寒い思いをしたという残念なこともあったので、このようなハズレを引かない様にしておきたいところですね。

人数に対して部屋が小さいなんて場合は、窮屈する羽目になるので注意が必要です。

こういった店のつくりに関しては実際見てみないと分からない部分もあるので、下見が可能であればぜひ、しておきましょう。

ポイント

参加人数をベースに選ぶ

参加者の希望を聞いて選ぶ

参加者が食べれる物・食べたい物から考えて選ぶ

候補をいくつかピックアップして選ぶ

事前に下見をして選ぶ

会社の飲み会の幹事を任された時の予約方法

店が決まったら、予約が必要ですね。参加人数が多いのにプライベートのように数人で行く飲み会感覚で予約もなしで店にいっても全員が席につける補償はありません。むしろ、お断りされる可能性が高いですね。

そんなことがないように店が決まったら予約は必ずしておきましょう。

予約方法は、飲み会の開催日時、参加人数が確定したら選んだ店に連絡をして予約を行います。宴会プランや飲み放題プランが決まっている場合はその旨も伝えましょう。

もし、参加人数が予約段階で確定していない場合は概ねの人数を伝えて、前日くらいまでに最終確定人数を伝えれば予約はとれますのでご心配なく。

プランをどうするか悩んでいる場合は、大手チェーン居酒屋などであれば、宴会プランも豊富に揃っているので選びやすいかと思います。個人店でも特に宴会プランがメニューになくても頼めば用意してくれるところがほとんどなので、予算を決めた上で店側にお願いしてみてください。(予算の決め方は次項で紹介します。)

また、週末、特に金・土曜日、祝前日や忘新年会シーズン、歓送迎会シーズンなど飲み屋さんの繁忙期は店が混み合う傾向にあるので、余裕をもって予約をしておくことをおすすめします。

せっかく店が決まったのに予約がとれなかったら次を考えなければならなくなりますからね。そういったことに備えて、やはり何件かピックアップしておいた方が予約がとれなかったという不測の事態に備えることができます。

そして宴会プランの場合、だいたい時間制限がつきものでたいてい2時間となっていますが、、一人プラス500円で1時間プラスといった店もあれば、
個人店のようなところは、多少の融通が利くところもあります。

私がよく飲み会で利用する居酒屋は個人経営の店ですが、通常2時間の宴会プランを時間制限なしのラストまで同じ料金でやってもらっていますので交渉の余地はあります。

同じ店で長い時間居れれば、二次会を別の店に移動しなくて済む場合もあるのでおすすめです。

ポイント

開催日時・参加人数を確定させて予約する

宴会プランを確定させて予約する

混雑を避けるため早めに予約する

予約が取れないことも考慮して何件かピックアップして予約する

会社の飲み会の幹事を任された時の予算の決め方

飲み会の店選びや予約をする際にポイントのひとつになるのが予算ですね。

どれくらいの予算にすればいいのかも幹事として悩みどころかと思います。

これに関しても、前回の会社の飲み会の会費を元に同等の金額にすれば間違いないです。

ただし、その時、高いと感じたのであれば、多少安く予算を設定した方が参加者に敬遠されずに済みます。

一般的な飲み会の予算の相場は、3,000円くらいです。飲み放題がついて3,500円~4,000円くらいがスタンダードですね。

お酒を飲む人が多いのか、少ないのかでも異なってきます。あまりお酒を飲む人がいないという場合、飲み放題をつけてしまうと高上りになってしまうことが多いので、そういった場合は飲み放題を外して予算を決めてみましょう。

飲む人が多いかつ飲む量が多いという場合は、圧倒的に飲み放題をつけた方がお得です。

お酒を飲む人に多めの予算設定をして飲まない人は少し安い予算設定を組むと公平感が出るのでおすすめです。

また、主婦層の方が多く参加されるという場合は、あまり高いと遠慮される傾向にあるので、やはり予算を抑えた方が参加しやすくなります。

なお、あまり安い予算設定ですと食べ物がそれなりの物となってしまい、お腹がいっぱいにならなかったという不満も出てきやすくなるので注意しましょう。

ポイント

前回の飲み会の会費を参考に予算を決める

一般的な3,000円くらいを目安に予算を決める

高過ぎず安過ぎずを意識して予算を決める

会社の飲み会の幹事を任された時の店選びの方法とは?のまとめ

いかがだったでしょうか?

会社の飲み会の幹事を任された時の店選びの方法はご理解いただけましたか?

ポイントは

参加人数をベースに選ぶ

参加者の希望を聞いて選ぶ

参加者が食べれる物・食べたい物から考えて選ぶ

候補をいくつかピックアップして選ぶ

事前に下見をして選ぶ

ですので、店選びの参考にしてみてください。

また、店の予約方法のポイントは

開催日時・参加人数を確定させて予約する

宴会プランを確定させて予約する

混雑を避けるため早めに予約する

予約が取れないことも考慮して何件かピックアップして予約する

予算の決め方のポイントは

前回の飲み会の会費を参考に予算を決める

一般的な3,000円くらいを目安に予算を決める

高過ぎず安過ぎずを意識して予算を決める

ですので、重ねて参考にしてみてください。

会社の飲み会の幹事が上手くこなせるといいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

忘年会の二次会の断り方とは?途中で抜け出す方法と帰る場合の支払い方法を紹介
新年会の幹事の店の予約方法とは?当日の席順の決め方や仕切り方を紹介
職場の新年会に行きたくない場合の対処方法とは?断り方と断りメールの送り方を紹介
新年会の幹事の進め方とは?挨拶と締め方を紹介
会社の忘年会に行きたくない場合の対処方法とは?上手い断り方と断りメールの仕方を紹介
新年会の幹事のやり方とは?店選びの方法と会費の集め方を紹介
職場の飲み会の二次会の断り方とは?途中で帰る方法と支払い方法を紹介
忘年会の幹事の進行方法とは?挨拶においての乾杯のやり方と締めの方法を紹介
忘年会の幹事のやり方とは?お店選びの方法や会費の集め方を紹介
会社の飲み会に行きたくない場合の対処方法とは?上手い断り方と断りメールの仕方を紹介
会社の飲み会の幹事のやり方とは?店選びの方法と会費の集め方を紹介

Menu

HOME

TOP