バレンタインのチョコを貰う方法とは?下手と上手な貰い方を紹介

バレンタインのチョコを貰う方法

バレンタインが近づくと「今年はどれくらい貰えるかな?」なんて考える男性も少なくないのではないでしょうか?

または、いままであまり貰ったことがないという方であれば、「今年こそは貰いたい」なんて考えたりしませんか?

貰いたいけど、どうすれば貰えるのか分からないなといったお悩みはありませんか?

ここでは、そんなお悩みにお答えすべく、バレンタインにどうやったらチョコが貰えるかをご紹介させていただきます。

また、女性ウケしない下手くそな貰い方と女性ウケする上手な貰い方も重ねて紹介しますのでご参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

バレンタインのチョコを貰う方法とは?

まず、あなたは、どなたからバレンタインにチョコを貰いたいですか?

学校や職場の女性からですか?

家族や親戚などからですか?

はたまた女性なら誰でもいいから貰いたいですか?

まず、貰う方法として重要なことは、あなた自身がチョコをもらえるような男性になることです。

そして、女性と接す機会を増やすことです。

女性からチョコを貰いたいのに、女性と接点がなければ到底貰う事はできません。

ただ貰いたいと頭で思っていても、それに対する行動が伴っていなければ机上の空論と化してしまいます。

チョコを貰えるような男性とは、女性の信頼を得た男性のことです。

信頼がなければ、チョコどころの話ではありません。

これは、学校や職場の女性に限ったことではなく、家族や親戚などの親類の女性に対しても当てはまります。

もし、あなたにお姉さんや妹さんがいるのであれば、普段から冷たい態度ばかりで接していたらどうでしょうか?

逆にあなたがお姉さんや妹さんから冷たい態度で接し続けられていたら、何かしてあげたいとか何かあげたいとなかなか思えないはずです。

さらに冷たい態度で接した上に全てにおいて非協力的であれば、あなたの信頼度は限りなくゼロに近いかと思います。

この状態でチョコを貰おうとしても、まず貰う事は出来ないと思ってください。

なので、まずは女性の信頼を得ること。これがバレンタインにチョコを貰う方法の鉄則です。

簡単に信頼を得るといっても難しいと思われるかもしれませんが、いたって簡単です。

普段から親切心を意識して、接すれば自ずと信頼を得られるはずです。

もう少し具体的にお伝えするのであれば、「困っている時に手助けをしてあげる」。

たったこれだけです。難しくないですよね?

とはいえ、1回や2回だけの親切ではダメですよ?

1回親切にしたから、あとは冷たくしてもいいやでは信頼度ゼロとなんら変わりません。

常に親切心を持って、その親切の積み重ねが信頼度アップに繋がるのです。

さらにそこから仲良くなることができれば、バレンタインにチョコを貰える可能性が高くなります。

ただし、ここまでの内容は女性とある程度接することができる場合となりますので、女性と話すことが苦手という場合ですとまた方法は異なります。

もし、あなたが女性と話すことも苦手だということであれば、まずは女性と話ができるようになることが大事です。

女性と話すのが苦手な方は、女性を意識しすぎている傾向があります。

「こんなこと言ったら女性に嫌われるんじゃないか?」など不安に思っているのが理由のほとんどです。

嫌われるかどうかなんて気にしているレベルの内容であれば、たいてい女性にとって気にならないレベルなのでもっと自信を持ちましょう。

それでも不安であれば、あなたが頑張らなくても女性と会話ができる場所があります。

それはスナックやキャバクラなどの飲み屋です。

そこに在籍している女性は男性と会話をするのが仕事です。むしろ会話のプロです。

何をしゃべっていいかわからなくても、話題をふってくれるので難しくないです。

最初はこういうところで慣れるのも一つの方法かと思います。

ただし、それが楽しくてのめり込み過ぎると痛めを見ますのであくまで練習の場としてご利用ください。

ちなみにスナックやキャバクラを紹介しましたが、女性からバレンタインにチョコを貰う裏技的な方法があります。

バレンタインシーズン、特に2月14日にスナックやキャバクラに行ってみてください。

ほぼ必ず、在籍するキャストの女性からなにかしら貰えるはずです。

過去に私が、チョコではないですがハート型の煎餅を貰ったことがあります(笑)

まぁバレンタインにチョコを貰う手っ取り早い方法として頭に入れておいてもいいかもしれません。

ポイント

とにかく女性の信頼を得る

スポンサーリンク

バレンタインのチョコの下手な貰い方

女性からバレンタインにチョコを貰うことができたとして、そこがゴールでありません。

次に重要になるのが貰い方です。

せっかく貰えるチャンスなのに、この貰い方を誤ってしまうと二度と貰えなくなってしまう可能性もあります。

そこで、ここではバレンタインのチョコの下手な貰い方を紹介します。

なんといっても、不愛想な態度で貰う。

かなり危険で、女性に対して失礼極まりない貰い方ですね。

あなたも人に対して何かをあげたときに、不愛想な態度で受け取られたらどうですか?

おそらく腹立たしい気持ちになるかと思います。

チョコをあなたにあげる女性も一緒です。

いくら、恥ずかしくても不愛想な態度をとって誤魔化すことはやめましょう。

また、直接受け取らず、「そこに置いといて」なんていうのは論外ですね。

何様だという気持ちにさせてしまうので要注意です。

その他としては、片手でぶっきらぼうに受け取る方法や反応が薄かったり、お礼を言わないなんてこともNGですのでおやめください。

受け取ってすぐにカバンなどにしまってしまうのも印象が悪いので注意しましょう。

とくにかく、相手をイラっとさせる方法は下手な貰い方となりますので良く考え下さい。

ポイント

女性の立場になって不快な思いをさせる貰い方はしない

バレンタインのチョコの上手な貰い方

では、どのような貰い方が好ましいのでしょうか?

最後にバレンタインのチョコの上手な貰い方をご紹介します。

これは、先述した下手な貰い方の逆を考えれば自ずと答えが出るかと思います。

貰えた事に対して嬉しい気持ちを素直に表せばいいのです。

そしてチョコを贈ってくれた女性に感謝の気持ちを言葉にして伝えましょう。

余計なことべらべらしゃべると反って墓穴を掘る恐れもありますので「ありがとう」と伝えれば大丈夫です。

欲を言えば、その場で中身を開けて、確認した上で「ありがとう」を伝えることができればいいですね。

ただし、中身を開ける許可を得たうえで開けてください。

その場で開けられるのが恥ずかしかったり嫌な思いをする女性もいますので確認しましょう。

また、手作りのチョコであれば、ラッピングを褒めてあげるのもありです。

とにかく、あなたのために用意してくれたというお相手の女性の行動に感謝の気持ちを持つことが大事です。

例え義理だとしても、チョコを貰った事実に変わりはありません。

義理が次は本命に変わるチャンスだってあるんですよ?

さらに、貰ってお礼を言うだけではなく、持ち帰って食べてみて、メールやLINEでお礼とともに感想を伝えてみてもいいかと思います。

ちゃんと食べてくれたという事実ができるわけですからね。アフタフォローもお忘れなく。

もしくは、次に会ったときに直接、感想と感謝の気持ちを伝えることができればいいですね。

そして、バレンタインにチョコを貰ったわけですから、ホワイトデーのお返しを考えましょう。

もらい逃げはダメですよ(笑)

ポイント

感謝の気持ちをもって貰う。お礼の言葉やお返しもお忘れなく。

バレンタインにチョコを貰う方法のまとめ

いかがだったでしょうか?

バレンタインにチョコは貰えそうですか?

今年こそチョコを貰いたい方は、ぜひご参考にしてみてください。

くれぐれも、あまりしつこくしないように心掛けた上でお試しください

しつこい男は嫌われるのでご注意を。

あなたがバレンタインにチョコを貰えることを祈っております。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

クリスマスプレゼントの財布を大学生の彼氏に贈る場合のブランドは?デザインやカラーを紹介
バレンタインの告白の成功率ってどれくらい?成功する方法とセリフを紹介
節分の柊鰯とは?飾り方と飾る期間を紹介
ホワイトデーのお返しで彼女へのおすすめは?アクセサリーや手作りはあり?
硬すぎる鏡餅の切り方は?カビ対策とおいしい食べ方を紹介
30代シングルマザーに贈るクリスマスプレゼントの選び方は?喜ばれる物や渡し方を紹介
アパートにおける節分の豆まき事情とは?外に向かってまく場合の注意点と掃除についての紹介
バレンタインの逆チョコって女性はどう思っているの?片思いの女性は喜ぶのか?告白は大丈夫か?
七五三で着せる子供用着物の選び方は?素材の種類と特徴や価格を紹介
節分のお多福の意味とは?由来と鬼との関係を紹介
どんど焼きでクリスマスツリーを燃やしていいの?決まりごとや燃やせるものを紹介
バレンタインは上司にとって迷惑?チョコの渡し方とメッセージを紹介
忘年会の幹事の進行方法とは?挨拶においての乾杯のやり方と締めの方法を紹介
ホワイトデーに対する男性の心理とは?脈ありのサインと本命と義理の違いを紹介
30代男性に財布をクリスマスプレゼントとして贈る場合の人気ブランドは?おすすめのデザインやカラーを紹介

Menu

HOME

TOP