インプレッサの維持費を年収から考察!大学生はいくらで乗れる?

本ページはプロモーションが含まれています

クルマの維持費

インプレッサはそのスポーティなデザインと高い性能で多くの方に愛されています。

しかし、その魅力には一定の維持費が必要となります。特に大学生の方など、初めて車を所有する際には、維持費の計画が重要です。

本記事では、インプレッサの維持費とそれを支えるための年収に焦点を当て、大学生がどれくらいの費用でインプレッサを乗ることができるのかなどについても詳しく解説します。

  • インプレッサの各モデルごとの維持費の詳細
  • 年収と維持費のバランスの重要性
  • 大学生や若い世代がインプレッサを所有する際の具体的な費用
  • 走行距離に応じた維持費の変動とその計画方法
スポンサーリンク

インプレッサの維持費と年収のバランスを考える

インプレッサSUGUDAS

インプレッサの維持費と年収のバランスを考えることは、車を持つ上で非常に重要な要素です。

このセクションでは、インプレッサのモデルごとの維持費について詳しく解説し、年収との関係を明らかにします。

まずは、インプレッサの代表的なグレードごとにどのくらいの維持費がかかるのか表にまとめました。(当サイト調べ:参考値)

GVB  GC8 GDB 2.0 GT ハッチバック STi G4
車検費用
(2年間)
15万円
(7.5万円/年)
18万円
(9万円/年)
16万円
(8万円/年)
18万円
(9万円/年)
20万円
(10万円/年)
18万円
(9万円/年)
保険料 61,600円 70,000円 65,000円 60,000円 65,000円 60,000円
ガソリン代 12万円 14万円 12万円 11万円 12万円 10万円
オイル交換 2万円 3万円 2.5万円 2万円 2.5万円 2万円
タイヤ交換 1万円 2万円 1.5万円 1.2万円 1.5万円 1万円
ブレーキパッド交換 1万円 1万円
その他のメンテナンス 10万円 20万円 15万円 10万円 12万円 6万円
月額維持費 約41,300円 約49,500円 約44,000円 約40,600円 約44,000円 約36,500円
年間維持費 約49万600円 約59万400円 約52万800円 約48万700円 約52万800円 約43万800円

では、グレードごとの維持費について詳細を解説します。

インプレッサWRX STI(GVB)の維持費

インプレッサSUGUDAS

インプレッサGVBの維持費は年間約50万円とされていますが、この金額は一般的な目安であり、具体的な維持費は様々な要素によって変動します。

以下、詳細に解説します。

維持費の内訳

インプレッサGVBの維持費は、以下のような項目から構成されます。

  1. 車検費用: 2年に1回の車検は約10万円~15万円が一般的です。
  2. 保険料: 任意保険の場合、年間約61,600円が目安となります。
  3. ガソリン代: 想定実燃費が7.8km/Lの場合、年間のガソリン代は約12万円程度となります。
  4. オイル交換: ターボ車であるため、こまめなオイル交換が必要で、年間約2万円程度かかります。
  5. タイヤ交換: タイヤの交換は意外と早く、年間約1万円程度の費用がかかります。
  6. その他のメンテナンス: バッテリー交換やブレーキ、エンジン周りのメンテナンスなど、年間約10万円程度かかります。

注意点と節約方法

インプレッサGVBの維持費は、運転の仕方や保管状態によって変動することがあります。

例えば、ユーザー車検の利用で車検費用を軽減することが可能です。

また、任意保険料の見直しや、駐車場代、修理代などもケースバイケースで変動します。

その一方で、維持費用を抑えることは可能ですが、削るべきところは削り、そのうえでカーライフを存分に楽しんでいくことが重要です。

維持費の比較

インプレッサGVBの年間維持費は約264,775円です。

これは、同じ3代目インプレッサシリーズの中では、GH2型が約218,675円/年、GH3型が約226,875円/年、GRF/GVF型が約297,575円/年と比較して、中間的な維持費となっています。

インプレッサWRX STi(GC8)の維持費

インプレッサSUGUDAS

インプレッサWRX STi GC8の維持費は、年間約60万円とされていますが、このモデルは高性能であるため、部品の価格が高く、メンテナンスにもコストがかかります。

以下、詳細に解説します。

維持費の内訳

インプレッサWRX STi GC8の維持費は、以下のような項目から構成されます。

  1. 車検費用: 2年に1回の車検は約12万円~18万円が一般的です。
  2. 保険料: 任意保険の場合、年間約70,000円が目安となります。
  3. ガソリン代: 想定実燃費が7.0km/Lの場合、年間のガソリン代は約14万円程度となります。
  4. オイル交換: 特別なオイルが必要で、年間約3万円程度かかります。
  5. タイヤ交換: 高性能タイヤの使用が推奨されるため、年間約2万円程度の費用がかかります。
  6. ブレーキパッド交換: 高性能ブレーキパッドが必要で、年間約1万円程度かかります。
  7. その他のメンテナンス: ターボチャージャーのメンテナンスやクラッチ交換など、年間約20万円程度かかります。

高性能車特有の注意点

インプレッサWRX STi GC8は、高性能車であるため、通常のモデルよりもメンテナンスが厳密であり、専門的な知識と技術が求められます。

特に、エンジンやターボシステムのメンテナンスは専門のショップで行うことが推奨されます。

維持費の比較

インプレッサWRX STi GC8の年間維持費は約60万円となります。

これは、同じインプレッサシリーズの中でも、特に高い部類に入ります。

例えば、インプレッサGVBの年間維持費は約50万円、インプレッサ2.0 GTの年間維持費は約55万円と比較して、高性能ゆえのコストが反映されています。

インプレッサWRX STi (GDB)の維持費

インプレッサWRX STi GDBの維持費は、年間約55万円となります。

このモデルは、GC8よりも新しいため、部品の入手が容易で、多少のコスト削減が見込めます。

しかし、高性能車であるため、専門的なメンテナンスが必要となることも多く、そのための費用が必要です。以下、詳細に解説します。

維持費の内訳

インプレッサWRX STi GDBの維持費は、以下のような項目から構成されます。

  1. 車検費用: 2年に1回の車検は約10万円~16万円が一般的です。
  2. 保険料: 任意保険の場合、年間約65,000円が目安となります。
  3. ガソリン代: 想定実燃費が8.0km/Lの場合、年間のガソリン代は約12万円程度となります。
  4. オイル交換: 特別なオイルが必要で、年間約2.5万円程度かかります。
  5. タイヤ交換: 高性能タイヤの使用が推奨されるため、年間約1.5万円程度の費用がかかります。
  6. ブレーキパッド交換: 高性能ブレーキパッドが必要で、年間約1万円程度かかります。
  7. その他のメンテナンス: ターボチャージャーのメンテナンスやクラッチ交換など、年間約15万円程度かかります。

GDBモデルの特徴

GDBモデルは、GC8よりも新しい世代であるため、部品の入手が容易であるとともに、最新の技術が取り入れられています。

これにより、一部のメンテナンスコストが削減される可能性があります。

高性能車のメンテナンス

しかし、高性能車であるため、専門的なメンテナンスが必要となることも多く、そのための費用が必要です。

例えば、エンジンのチューニングやサスペンションの調整など、専門的な知識と技術が求められる作業があります。

インプレッサ2.0 GTの維持費

インプレッサ2.0 GTの維持費は、年間約48万円となります。

このモデルは、燃費の良さや部品の耐久性が高いため、維持費が抑えられるとされています。

ただ、古くからのモデルであるため、部品の取り寄せに時間がかかることもあるので、注意が必要です。

以下、詳細に解説します。

維持費の内訳

インプレッサ2.0 GTの維持費は、以下のような項目から構成されます。

  1. 車検費用: 2年に1回の車検は約12万円~18万円が一般的です。
  2. 保険料: 任意保険の場合、年間約60,000円が目安となります。
  3. ガソリン代: 想定実燃費が10.0km/Lの場合、年間のガソリン代は約11万円程度となります。
  4. オイル交換: 年間約2万円程度かかります。
  5. タイヤ交換: 年間約1.2万円程度の費用がかかります。
  6. その他のメンテナンス: エアフィルター交換やスパークプラグ交換など、年間約10万円程度かかります。

2.0 GTモデルの特徴

2.0 GTモデルは、燃費の良さや部品の耐久性が高いため、維持費が抑えられるとされています。

エンジンの効率が良く、特別なメンテナンスが少ないため、コストパフォーマンスが高いモデルと言えるでしょう。

部品の取り寄せについて

しかし、古くからのモデルであるため、部品の取り寄せに時間がかかることもあるので、注意が必要です。

特に、一部の専門的な部品は、取り寄せに数週間かかることもあります。

このため、定期的なメンテナンスの計画を立て、部品の在庫状況を確認することが重要です。

インプレッサ ハッチバック STiの維持費

インプレッサSUGUDAS

インプレッサ ハッチバック STiの維持費は、年間約52万円です。このモデルは、都市部での利用に適しており、独特のデザインが魅力です。

しかし、特殊な部品が多いため、修理費用が高くなることがあります。以下、詳細に解説します。

維持費の内訳

インプレッサ ハッチバック STiの維持費は、以下のような項目から構成されます。

  1. 車検費用: 2年に1回の車検は約15万円~20万円が一般的です。
  2. 保険料: 任意保険の場合、年間約65,000円が目安となります。
  3. ガソリン代: 想定実燃費が9.0km/Lの場合、年間のガソリン代は約12万円程度となります。
  4. オイル交換: 年間約2.5万円程度かかります。
  5. タイヤ交換: 年間約1.5万円程度の費用がかかります。
  6. その他のメンテナンス: エアフィルター交換やスパークプラグ交換など、年間約12万円程度かかります。

ハッチバック STiモデルの特徴

ハッチバック STiモデルは、都市部での利用に適しており、独特のデザインが魅力です。

コンパクトなボディに高性能なエンジンを搭載しているため、都市部の狭い道路でも快適に走行できます。

特殊な部品について

しかし、このモデルには特殊な部品が多いため、修理費用が高くなることがあります。

例えば、専用のターボチャージャーや専門的なサスペンションシステムなど、一般の車種では見られない部品が使用されています。

これらの部品の交換や修理は、専門的な技術と高価な部品が必要となるため、費用がかさむことがあるので注意が必要です。

インプレッサG4の維持費

インプレッサG4SUGUDAS

インプレッサG4の維持費は、年間約47万円となります。

このモデルは、新しい技術が取り入れられており、燃費の良さや安全性が高いです。

そのため、長期間にわたって安定した維持費が見込めます。

以下、詳細に解説します。

維持費の内訳

インプレッサG4の維持費は、以下のような項目から構成されます。

  1. 車検費用: 2年に1回の車検は約18万円が一般的です。
  2. 保険料: 任意保険の場合、年間約60,000円が目安となります。
  3. ガソリン代: 想定実燃費が12.0km/Lの場合、年間のガソリン代は約10万円程度となります。
  4. オイル交換: 年間約2万円程度かかります。
  5. タイヤ交換: 年間約1万円程度の費用がかかります。
  6. その他のメンテナンス: エアフィルター交換やスパークプラグ交換など、年間約6万円程度かかります。

G4モデルの特徴

インプレッサG4モデルは、新しい技術が取り入れられており、燃費の良さや安全性が高いです。

特に、アイサイトと呼ばれる先進の運転支援システムが搭載されており、衝突回避や車線逸脱警報など、安全性を高める機能が充実しています。

長期間の安定した維持費

このモデルの部品は、耐久性が高く、故障が少ないため、長期間にわたって安定した維持費が見込めます。

例えば、エンジンやトランスミッションなどの主要部品は、高い耐久性を持っており、突発的な修理費用がかかることが少ないです。

スポンサーリンク

インプレッサの維持費と年収のマッチング

インプレッサSUGUDA

このセクションでは、インプレッサの維持費と年収のマッチングについて、大学生のような若い世代を一つの例として、具体的な計画やシミュレーションを考えてみます。

インプレッサの維持費と年収の関係

インプレッサシリーズの維持費と年収の関係について詳細に考察すると、各モデルごとに異なる特性が明らかになります。

※車両購入費を除いた場合

GVB GC8  GDB  GT ハッチバック STi G4
月額維持費 約41,300円 約49,500円 約44,000円 約40,600円 約44,000円 約36,500円
年間維持費 約49万600円 約59万400円 約52万800円 約48万700円 約52万800円 約43万800円
必要年収 約248万円 約297万円 約264万円 約243万円 約264万円 約219万円

※車両購入費を考慮した場合

GVB GC8 GDB GT ハッチバック STi G4
車両購入費 約200万円 約250万円 約230万円 約180万円 約240万円 約170万円
月額ローン返済 約36,000円 約45,000円 約41,000円 約32,000円 約43,000円 約30,000円
月額維持費 約77,300円 約94,500円 約85,000円 約72,600円 約87,000円 約66,500円
年間維持費 約92万7600円 約1,134万円 約1,020万円 約87万1200円 約1,044万円 約79万8000円
必要年収 約463万円 約567万円 約510万円 約435万円 約522万円 約399万円

これらのデータから、インプレッサの各モデルを所有するためには、年収が400万円から570万円程度必要であることが分かります。

特に高性能モデルの場合、オイル交換やタイヤ交換などの専門的なメンテナンスが必要となるため、維持費が高くなる傾向があります。

一方、燃費の良いモデルや部品の耐久性が高いモデルでは、維持費が抑えられる場合もあるため、自分の年収に合ったモデルの選び方が重要であると言えるでしょう。

つまり、年収400万円以上であれば、維持費の支払いに大きなストレスを感じず、車を楽しむことができるかもしれませんが、具体的なモデル選びには慎重な計画が求められるでしょう。

インプレッサの維持費と大学生の生活費

インプレッサの維持費と大学生の生活費の関係について考察する際、複雑な要素が絡み合うことが明らかになります。

以下の分析では、具体的な数字を用いて、大学生がインプレッサを所有する際の経済的な側面を深く探ります。

まず、インプレッサのモデルによって維持費は異なりますが、例としてインプレッサスポーツの場合、年間の維持費は約53万円となります。

これを月々の支払いに換算すると、約4.4万円の支出が必要です。

さらに、大学生の生活費を考慮すると、以下のような項目が考えられます。

  • 食費: 月約3万円
  • 交通費: 月約1万円
  • 教材費: 月約1万円
  • その他の生活費: 月約2万円

これらを合計すると、インプレッサの維持費を含めた月々の生活費は約11.4万円です。

一方で、大学生の平均的なアルバイト収入は時給1,000円程度で、週に20時間働くと仮定すると、月収約8万円となります。

この収入だけでは、上記の生活費を賄うことは困難で、無駄な出費を抑える工夫や、より多くの労働時間、あるいは高時給のアルバイトを見つける必要があるでしょう。

また、車両購入費も考慮すると、ローンで購入する場合の月々の返済額が加わります。

例えば、インプレッサスポーツの車両購入費が300万円で60回払いの場合、月々の返済額は約5万円となり、さらに厳しい財政状況となる可能性があります。

もちろん、実家が大富豪でインプレッサくらいの維持費なんて、簡単に捻出できるというような大学生であれば、何も心配ないでしょう。

しかし、この記事にたどり着いているということは、自分自身でインプレッサを維持する必要がある大学生だと思われますので、ぜひ、ご自身のライフスタイルを照らし合わせてみてください。

くれぐれも無茶な決断はしないように。インプレッサに乗れても経済的に苦しんで後悔するだけですよ?

インプレッサの維持費と月々の支払い計画

インプレッサの年間維持費は約40万円から70万円程度となります。

月々の支払いに換算すると、約3.3万円から5.8万円の範囲となりそうです。

この支払い計画を立てる際には、以下のような工夫が求められます。

  1. 予算の明確化: 月々の支払い能力に合わせて、適切なモデルの選定やオプションの調整が必要です。
  2. 保険プランの選定: 任意保険のプラン選びによって、年間の保険料が大きく変動することがあるため、自身の運転スタイルに合ったプランを選ぶべきです。
  3. 燃費の最適化: エコドライブの実践や定期的なメンテナンスによって、ガソリン代の削減が可能です。
  4. ローンの計画: 車両購入費のローンを組む場合、返済計画と維持費のバランスを検討する必要があります。

このように、インプレッサの維持費と月々の支払い計画は、多岐にわたる要素を総合的に考慮する必要があります。

ご自身のライフスタイルや経済状況に応じた計画を立てることで、車の所有をより楽しむことができるでしょう。

インプレッサの維持費と年間走行距離のシミュレーション

以下に年間走行距離ごとにインプレッサの維持費がどのくらいかかるのか目安となる表を配置しています。

走行距離は5,000Km~25,000Kmの範囲で5,000Km  ごとに変更可能です。

年間走行距離 (km) ガソリン代 (円) タイヤ交換費用 (円) オイル交換費用 (円) その他のメンテナンス (円) 合計維持費 (円)
5,000 75,000 5,000 10,000 50,000 140,000

このように、年間走行距離と維持費の関係をシミュレーションすることで、ガソリン代やタイヤの消耗などのコストを予測することができます。

これにより、ご自身のライフスタイルに合ったインプレッサを選ぶ参考になるかと思いますので、ぜひご活用ください。

インプレッサの維持費と中古車の選び方

中古車市場でのインプレッサの選び方は、単なる価格比較だけではなく、将来の維持費の観点からも戦略的な選定が求められる場合が多いです。

特に、年間走行距離が15,000kmを超える場合、ガソリン代やタイヤ交換費用などが急増し、合計維持費が420,000円にも上る可能性が高いため、注意が必要です。

また、車検の有効期限や部品の状態、過去の修理履歴などを詳細にチェックし、将来的な維持費を正確に見積もることで、長期間にわたって快適に利用するための最適な選択が可能となります。

このプロセスにおいて、専門的な知識と経験がある中古車販売店のサポートを受けることも、賢明な選択と言えるでしょう。

インプレッサの維持費と保険の選び方

インプレッサの保有者にとって、維持費は避けて通れない重要な要素であり、その中でも保険料は大きな割合を占めることが一般的です。

年間の保険料は平均で約100,000円とされる中、運転スタイルや車の使用頻度、カバーするリスクの種類に応じて最適な保険プランを選定することで、年間数万円の節約が可能となる場合もあります。

例えば、週末のみの利用や通勤での使用が主な場合、それぞれのライフスタイルに合わせた保険プランの選択が求められるでしょう。

さらに、任意保険の補償内容を細かくチェックし、必要な補償を選ぶことで、無駄な支出を削減し、維持費全体の最適化に貢献します。

このプロセスにおいて、保険の専門家との相談も有効で、自分に合った保険プランを見つけるための重要なステップとなるでしょう。

インプレッサの維持費と年間の節約術

インプレッサの維持費は、車の所有者にとって重要な考慮点であり、年間で見ると数十万円の支出が発生します。

しかし、この維持費を効果的に節約するための具体的な戦略が存在します。

  1. 定期的なメンテナンス: オイル交換やタイヤの点検など、定期的なメンテナンスは長期的にトラブルを未然に防ぎ、約5%の節約が期待できます。
  2. エコドライブの実施: 燃費を意識した運転方法を取り入れることで、ガソリン代を年間約10,000円削減することが可能です。
  3. 部品の選び方: 高品質な部品を選ぶことで、長期的な耐久性を高め、交換頻度を減らすことができるでしょう。
  4. 自分でできるメンテナンスの実施: オイル交換や洗車など、自分で行えるメンテナンスは、プロに依頼するよりもコストを抑えることができます。
スポンサーリンク

インプレッサの維持費と年収の関係性について総括

インプレッサSUGUDA

以上、インプレッサの維持費と年収の関係性について様々な視点から解説してきました。

インプレッサに限らず、車を所有するということは、それなりの維持費が発生し、ご自身の年収とのバランスを考えなければ、経済的にストレスを感じる結果となってしまいます。

ちなみに、筆者が20代の頃にインプレッサWRX STiに乗っていた時は、ガソリン代(ハイオク)だけで1週間で約5,000円の維持費が発生していました。

オイル交換は3,000㎞毎に行って2回に1回はエレメントも交換していたため、インプレッサにかかる出費が凄まじかったです。

なので、くれぐれもご自身の年収と相談したした上でインプレッサを購入することをおすすめします。

また、大学生でも乗れないことはないですが、経済的に余裕がなければおすすめしません。

特に、値段が安いからといって年式の古い過走行のインプレッサを購入しがちですが、部品交換などが発生する可能性が高いので、ハズレを引いたら悲惨です。

大学生であれば、とりあえず安い軽自動車の中古で運転を慣らしながら学業に専念して、年収の高い会社に就職して、新車でインプレッサを買うのが一番ではないでしょうか?

では、これらを踏まえてインプレッサの維持費と年収の関係性を以下に総括します。

インプレッサを快適に維持するための推奨年収は400万円以上である

 インプレッサの維持費は年間約50万円で、月割りすると約4万円である

インプレッサの維持費の月額は27300円で、ローン完済前は73900円になる場合もある

20歳以下の大学生が所有した場合、初代インプレッサの月々の維持費は約27,700円、21歳以上の大学生では約24,400円

インプレッサの車検は約14万円である

インプレッサの年間維持費は走行距離により変動する

任意保険の金額は運転者の年齢や家族構成、年間走行距離、保険内容、車両保険の有無等によって大きく異なる

2010年式を13年落ちの中古で買った場合の年間維持費には、自動車税45400円、自動車重量税17100円、自賠責保険料10005円などが含まれる

インプレッサの維持費は、車の型式、年齢、使用頻度などによって異なり、適切な保険プランやメンテナンスの選定が節約につながる可能性がある

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました